ステイン剤仕上げ。

木の持ち手を使うときに、あまりにも白っぽい木だと雰囲気が出ないな~と思うことが
時々あります。はんこの雰囲気によって白っぽいほうが素敵な時もありますが、
おおむねなんとなく古い感じを出したいことが多いので、簡単にできる方法を・・・と思い
ホームセンターでこれを買ってみました。

じゃーん。「水性木部用ステイン・ヌーロ」!名前が笑えます。ヌーロ、ぬーろ、塗-ろ、塗ろう・・・(笑)
f0118904_10123285.jpg
ほかにもたくさんのステイン剤のメーカーがあったのですが、オイル系のものはニオイもきつく、
室内で作業するにはちょっとつらいかもしれないし、ボトルがでかい!
そりゃそうか、たいてい床や家具に使うために購入されるんでしょうから。
でもこのヌーロだったら水性なのでニオイは皆無ですし、歯磨き粉くらいの大きさで手に取りやすく、
チューブ式なので扱いも簡単です。少しずつボロ布に絞り出してちまちまと使うことができます
捨てるのもこのままポイです。(あれ、だんだん宣伝してるみたいになってきた 笑)

できあがりはこんな感じ。奥に写っているのが、もともとの木の色です。
f0118904_10124074.jpg
なかなか古いいい感じにできてるような?わざとムラっぽくしてみたり。
厳密に言うとなんちゃってオイルステイン仕上げですが、小さな木片ですしこれで十分です。

少し気になるのは、ニスほどではないにしても木に膜をはったような状態になるので
インクの吸い込みが悪くなり、出来上がりの消しゴムはんこを木片に押すと、少し浮いたようになること。
f0118904_10124826.jpg
いつもだったら木片は吸い込みが良いので、インクをたっぷりつけてギュっとスタンプするのですが、
これを塗ってギューっとやるとインクが吸い込まれないので線が潰れてしまうのです。
あまりに細かい柄の時は使わないほうがいいのかもしれません。

あっ、先に押してインクが乾いてからヌーロ仕上げしてみればいいのかな?よし今度試してみます。

仕上げはいつものように上からニスを塗るとさらに耐水性もバッチリです。
[PR]
by kero-kero4 | 2014-05-07 10:35 | 消しゴムはんこ


尼崎在住の消しゴムはんこ彫り師です。消しゴムはんこ・ときどき豆本・まれに水彩画&さらにまれに羊毛フェルト。色々手を広げております。


by kero-kero4

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

*facebookページはこちらから
*このブログより過去に作った消しゴムはんこはこちらからどうぞ*

*お願い*当ブログのデザイン・画像等の無断使用や転載はくれぐれもご遠慮くださいませ。*

カテゴリ

消しゴムはんこ
水彩画
羊毛フェルト
ゴム板はんこ
はじめまして!

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

お気に入りブログ

タグ

ファン

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
おしゃれでかわいい 消し..
from 愛玉子的香箱

その他のジャンル

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧