インクのつけ方教室。

本日はインクのつけ方をやってみたいと思います。特にボカシ。

まずは下の画像を見てみてください。↓これでも別にオッケーなのですが、インクをべったり
まんべんなくつけ過ぎたために、なんだかのっぺりしてしまっています。
f0118904_2172736.jpg

では次の画像。↓好みはあると思いますが、私はこのような図柄の場合は下絵の面白さも
活かすためにもちょっとぼかしたほうがいいんじゃないかなーと思っています。
f0118904_217409.jpg
((追記:↑あまりにもズレズレなので、前回載せた画像も追加しておきます↓)
f0118904_23232295.jpg
ではどうやってぼかすか。   その前にはんこへのインクの基本的なつけ方から。

●まず、インクパッドが大きい場合。はんこを利き手に持ちはんこのほうをパッドにポンポンと押し付ける
この場合ギュッーギュッーという感じではなく、あくまでまんべんなくポンポンポン、という感じに。
f0118904_218040.jpg


●そしてインクパッドが小さい場合。これは逆にパッドを利き手に持ちパッドのほうをはんこにポンポンと押し付ける
これも力いっぱいグイグイやるとインクがつきすぎて細かい柄などはつぶれてしまうので、
あくまでポンポンポンとリズミカルに。ついたインクがつぶつぶして見えるとグッドです。
f0118904_2181690.jpg


次に肝心のぼかしです。基本的に、ポンポンとリズミカルにインクをつける時に、
濃くしたい部分から薄くしたい部分へ、順番に力を抜いていけば簡単に出来ます
もしくは濃くしたい部分の一番最初はポンポンポンと3回→ちょっとずらして今度はポンポンと2回→
最後はポンと軽く1回というように(回数はあくまで説明の便宜上です。濃度によってご自由に。)
押し付ける回数を加減すればよいのです。両方併用でももちろん可。

それを応用すると、2色ぼかしなんてことも出来るわけですね。両方からぼかしていけば良いのですから。
f0118904_21104326.jpg
f0118904_2110562.jpg


注意このように2色ぼかしなどをやっていると、必然的にパッドが汚れてきます。
  が、それはもうしょーがないのであきらめましょう。
  ただ、最小限に汚れを抑えるためにも、インクをつける時は薄い色から濃い色の順番で。
  忘れて濃い色を先につけると薄いインクパッドがヒサーンなことになったりしますので。     

ところで、こういうキッパリした柄はいっそべったり押したほうが断然可愛いですね。
f0118904_21122459.jpg

[PR]
by kero-kero4 | 2007-04-05 21:29 | 消しゴムはんこ


尼崎在住の消しゴムはんこ彫り師です。消しゴムはんこ・ときどき豆本・まれに水彩画&さらにまれに羊毛フェルト。色々手を広げております。


by kero-kero4

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

*facebookページはこちらから
*このブログより過去に作った消しゴムはんこはこちらからどうぞ*

*お願い*当ブログのデザイン・画像等の無断使用や転載はくれぐれもご遠慮くださいませ。*

カテゴリ

消しゴムはんこ
水彩画
羊毛フェルト
ゴム板はんこ
はじめまして!

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

タグ

ファン

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
おしゃれでかわいい 消し..
from 愛玉子的香箱

その他のジャンル

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧